脱毛中の肌トラブル!?毛嚢炎と埋没毛

手をつなぐ女性二人
現在27才!沖縄県出身のOLです(*^_^*)
今回は脱毛中に起こりやすい肌トラブルについてまとめてみました。
毛嚢炎や埋没毛という言葉を耳にしたことはありませんか?

意外と身近でおこる肌トラブルです。事前に対策をとることで、肌負担もずいぶんかわります。さらに炎症が起こってしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。

【毛嚢炎とは】

外部からの刺激により毛嚢炎になるケースがほとんどです。
見た目にニキビに似た症状で、毛穴が炎症して赤くぶつぶつとしますが、ニキビのように、芯ができることはありません。炎症の原因はブドウ球菌が引き起こしており、自然治癒もできますが、気になる場合は皮膚科で塗り薬を処方してもらいましょう。
とくに毛の量が多いワキやムレやすいVIOが毛嚢炎になりやすくなります

〈対策〉
ムレやすい場所にできやすい特性があるため、運動後すぐにシャワーを浴びることや清潔に保つこと、とくにVIOは通気性のよい下着に変えることもポイントです。

【埋没毛とは】

おもにムダ毛の自己処理が原因で起こる症状です。
別名埋もれ毛とも呼ばれており、こちらも自然治癒できます。どうしても気になる場合は、アルコール殺菌した針や毛抜きをつかって、埋もれ毛を出すこともアリですが、そこから炎症がおこる可能性もあるため、できるだけスクラブ剤などを使って優しく埋もれ毛を出しましょう

〈対策〉
できるだけ、ムダ毛の自己処理を控えることが一番です。
肌の保湿を心がけ、埋没毛の原因である毛穴の入り口が塞がれることを防ぎましょう。
さらに定期的にスクラブ剤を使って、肌表面の角質をとってあげることで、詰まりを防いでくれます。